読書

ゲラ本とゲラ刷り

ここのところ立て続けに出版前のゲラ本とまだ製本されていないゲラ刷り段階の本を読ませて頂く機会を得ました。
ゲラ本は、ブクログ(Booklog)さんのプレゼントに応募して当選した、
秦健日子・著「ダーティ・ママ」
ゲラ本、表紙は白黒、タイトル、著者名、刊行予定ISBNコード、出版社名など書籍情報のみ。
裏表紙には「100」という青いスタンプがおされていました。
ダーティ・ママ(秦健日子・著)のゲラ本
7月8日に出版予定。出版される暁には、表紙は下の画像のようになるようです。
下記はブクログに書いたレビューです。
ある意味奇想天外な設定ですが、きちんと今の世相、社会問題も取り込まれています。
気軽に読めるエンターテイメント。ヤングアダルトでも

秦 建日子
河出書房新社
発売日:2010-07-08

ゲラ本に当選、読ませていただきました。
なんとも痛快な、キテレツな刑事もの。推理を楽しむというよりは、語り手である新米刑事 長嶋葵と、その上司 シングルマザー刑事・丸岡高子の強烈なキャラクタが巻き起こす物語りにひっぱられていくという感じ。
依然と残る性差別、今なお女性が働くこと、いや、女性の社会的地位も、華やかな見かけほど改善されてはいないのが現実。そうした問題を高子という、ある意味ありえない、破天荒なキャラクタに演じさせ、痛快に喝破していくのは気持ちがいい。
ここは、難しい事は言わず、葵と高子のコンビの活躍を素直に楽しむのがいいのだろうと思う。

http://booklog.jp/users/okyouduka

もう一つは、今日届いたばかりのゲラ刷り
いつもお世話になっている、レビュープラス(R+)さんのレビュアー募集に応募し、当選したもの。
マルコム・グラッドウェル THE NEW YORKER 傑作選1 
ケチャップの謎 世界を変えた“ちょっとした発想”

こちらはB4サイズの用紙にページ見開き状態、トンボのついた、製本されていない状態のまさにゲラ刷り。
ケチャップの謎 ゲラ刷り
発売日は7月7日の予定。
本になるとこんな感じになるのですね。

これから読ませて頂いて、このブログにレビューをアップします。
高校の時は出版委員・新聞部、前の会社では社内報の編集と、ゲラに接する機会は多かったのですが、こんな本格的!?なゲラを手にするのは始めてで、わくわくしています。

ピックアップ記事

  1. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  2. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…

関連記事

  1. 本・雑誌

    【R+】レビュー:「企画はひと言。」石田章洋

    こんにちは。@pooh_1960です。R+(レビュープラス…

  2. 読書

    MacPeople 2010年10月号 レビュー

    今回は自腹でレビューです(^_^;)amazlet at 10.09…

  3. 読書

    レビュー:「日本語を味わう名詩入門 12 草野心平」

    こんにちは。詩を読むのは好き @pooh_1960です。…

  4. 読書

    「のだめカンタービレ」の二ノ宮知子さんの新作「87CLOCKERS」第1話無料配信中

    87CLOCKERS月刊誌 ジャンプ改 で 連載がスタートした二ノ宮…

PAGE TOP