クラリネットはこうしてできあがる!The Making Of A Buffet Crampon Clarinet

LINEで送る
Pocket

我が愛機はビュッフェ・クランポンのR-13、という楽器です。
172731_167970409917757_100001143983722_335643_5122606_o.jpg

ビュッフェ・クランポン社

ビュッフェクランポンは、1825年、フランスの“弦楽器製作者”デニス・ビュッフェ=オージェが、パリで創立。
独自に開発した13キーのクラリネットを完全にハンドメイドで制作していたそうです。
1830年、家業を継いだ、デニス・ビュッフェの息子ジャン=ルイが、ゾエ・クランポンと結婚。
ビュッフェ・クランポンが生まれることに。
以降、クラリネットをはじめ、サックスなど管楽器を製造。
一時は買収されたこともありますが、再度独立をはたし、今日に到っています。
詳しくは下記の公式サイト
会社紹介|Buffet Crampon
ビュッフェ・クランポンのクラリネットとができるまで、製造工程を紹介する動画がYouTubeにアップされています。

The Making Of A Buffet Crampon Clarinet

木(グラナディラ材)を削る、キーを作る、そして組み立て。
ナレーションも字幕も一切なく、製造工程を、モーツァルトのクラリネット・コンチェルト(K622)の調べにのせて、追っていきます。
こんな風にして作られて、はるばる日本まで来てくれたのか、とほんとうにありがたく思います。
クラリネット吹きでなくても、楽しめます。ぜひ一度ご覧あれ。

関連リンク

吹奏楽コンサートカレンダー
 

吹奏楽関連エントリ

打楽器特殊奏法:膜鳴打楽器 の 動画がアップされています | 御経塚通信
これはすごい!全日本吹奏楽コンクール自由曲人気曲の名演を1枚に詰め込んだ「吹奏楽コンクール名曲名演ベスト」シリーズ | 御経塚通信
 ・吹奏楽でスウィング!『すい★パラ』CD 2タイトル 9/21発売 | 御経塚通信
世界中のトロンボーン奏者による A SONG FOR JAPAN | 御経塚通信
 ・動画「打楽器特殊奏法:鍵盤打楽器」洗足学園音楽大学YouTubeチャンネルに! | 御経塚通信
吹奏楽カテゴリ エントリ
▼ カール・ライスター(cl)、カラヤン&ベルリンフィル

関連記事:

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


御経塚通信内を検索

Facebookページもよろしく!

ブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ
Instagram

私の本棚

吹奏楽・管楽器 楽譜

吹奏楽
クラリネット
フルート
オーボエ
アルトサックス
テナーサックス
ホルン
トランペット
トロンボーン
チューバ
ファゴット

iPhone App.