6月コンサートレビュー vol.2 京都大学吹奏楽団 第27回 サマーコンサート

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
@pooh_1960です。

2012年6月のコンサートレビューその2は京都大学吹奏楽団 第27回 サマーコンサート

仕事終わってサンダーバードに飛び乗ったのが16時17分
電車にのって駐車券を落としたことに気付き真っ青に。
でも、検札にきた車掌さんに事情を話したら、駅に問合せしてくれて、無事発見。
車掌さん、金沢駅のみなさんに感謝感謝。

と、いうことで、石清水八幡宮も、ほか京都観光も楽しむことなく(^_^;)

でも、はじめて八幡市駅まで電車で行きました。
京都駅からJR奈良線で東福寺まで。そこから、京阪電鉄に乗り換えて八幡市駅まで、小旅行を楽しめました。

京都大学吹奏楽団 第27回 サマーコンサート

 日 時:2012年6月16日(土) 18:30〜 
 会 場:八幡市文化センター

1st Stage
 大仏と鹿    作曲:酒井 格
 夜を守る友   作曲:Mark Camphouse
 
2nd Stage Making my Story -夢を忘れていませんか?-
 パリのあやつり人形 作曲:B.マーティン & p.クールター 編曲:岩井 直溥
 「鹿男あをによし」エンディングテーマ 作曲:佐藤 俊彦 編曲:菊一 旭大
 笑っていたいんだ 作曲:水野 良樹 編曲:郷間 幹男
 オレンジ 作曲:市川 喜康 編曲:山下 国俊
 ユーロビート・ディズニー・メドレー 編曲:磯崎 敦博

3rd Stage Soundscape 〜日々の調べに耳をすませば〜
  ポップス・マーチ「すてきな日々」 作曲:岩井 直溥
 「レミーのおいしいレストラン」ハイライト 作曲:Michael Giacchino, Arr.John Moss
 パリのアメリカ人 作曲:Georg Gershwin 編曲:岩井 直溥
  Stand Alone 作曲:久石 譲 編曲:渡部 哲哉
  カントリーロード 作曲:Johne Denver 他 編曲:赤塚 謙一、渡部 哲哉 

今年も行ってきました、八幡市文化センター。
会場に着いた時はもう2部の半ばすぎ。
なので、レビューどころの話しではないのですが…

サマーコンサートは気軽に聴ける楽しいコンサート。
今回は我が家のバストロ吹きがダンサーとして出演する、ということで楽しみにしていましたが、なんとか間に合いました。
軽快に奏でられるポップなメロディー。
演奏もこの時期にしては例年よりもしっかりとまとまっているように感じられました。

高校生バンドは指導者のもと。きっちりと練習に励み、っていう、その一生懸命さも魅力。
でも、大学生バンドになると曲の解釈、演奏もずっと大人の雰囲気を漂わせます。
とくにこの京都大学吹奏楽団というバンドを聴いて思うのは、若々しく自由な精神に満ちあふれていること。
そして、大編成での迫力のある演奏が、とても魅力的なのです。

落ち着いて腰を据えて聴いた第3部は、岩井先生の「すてきな日々」から。
選曲のプログラムの構成もよく堪能させて頂きました。
「パリのアメリカ人」「カントリーロード」が特に印象に残りました。

最初から聴いていた家人によると、「大仏と鹿」とてもよかったとのこと。
聴きたかったorz

次は、12月21日(金) 第42回定期演奏会 京都コンサートホール にて開催とのこと。
うむ、ことしから金曜日になったのか、困った。

ところで、「鹿男あをによし」はじめ万城目学作品は、おすすめです。
今回出演した現役バストロ吹きの次男は白虎隊(一応、私も)、バスクラ吹きだった長男は青竜会(「鴨川ホルモー」参照

関連記事:

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


御経塚通信内を検索

Facebookページもよろしく!

ブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ
Instagram

私の本棚

吹奏楽・管楽器 楽譜

吹奏楽
クラリネット
フルート
オーボエ
アルトサックス
テナーサックス
ホルン
トランペット
トロンボーン
チューバ
ファゴット

iPhone App.