ベトナム料理を満喫!ベトナム屋台めし ムサク へ行ってきました。

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
浪人時代は代ゼミで小田実の講義を受けていた@pooh_1960です。

ベトナムと言えば、北爆枯葉剤ソンミといった言葉が脳裏をよぎり、胸の締め付けられる思いもする世代です。
不条理な支配下、気の遠くなるような圧倒的な軍事力の差を、知恵と勇気で乗り越えたホーおじさんとベトナムの人々に、大きな勇気をもらいました。

実は、今でこそ地球一周しているピースボートですが、第1回がベトナムだったのです。
当時学生、紅顔の美少年ではなく、むさくるしい青年であった私は、朝日新聞の記事で知り、行きたくてたまらなかったのですが、かなわず…

そんな訳でベトナムはずっとあこがれの地でもあります。

先日、念願かない、ベトナムへ行ってきました。
ベトナムはベトナムでも、野々市にあるベトナム料理店「ベトナム屋台めし ムサク」さんへ。
ベトナム屋台めしムサク

玄関には、ホーおじさんことベトナム独立戦争の指導者ホー・チ・ミンの肖像画が掲げられていました。
うん、若かりし頃、70年代に戻ったような… ちょっと懐しく気分も若返りました。
ホーおじさんの肖像画

タイガービール生春巻き揚げ春巻きパインセオなどなど、美味しい料理の数々堪能しました。
とある、会合ででかけたのですが、美味しかったので、話しにうなづきつつも、秘かにもくもくと食べておりました。
ベトナム屋台めしムサク 料理

こちらのお店では、昨年授業を受け持ったベトナムからの留学生がアルバイトしてます。
しっかりと働く姿にも感動しました。より一層食事も美味しく感じられました。

また、ぜひ訪れてみたいと思います。

ベトナム屋台めし ムサク – 野々市/ベトナム料理 [食べログ]

私淑する小田実、本多勝一、石川文洋といった先達たちもベトナムと切っても切り離せません。
考えてみたら、小田実さんは代ゼミで授業とってたし、本多勝一さんは第2回のピースボートで北京から南京までご一緒し列車のなかで文庫本にサインもらって、石川文洋さんとは第10回ピースボートでご一緒、船上で一緒に写真獲らせてもらったし、なんかすごいじゃん、俺っていま思った。

最近読んだベトナム関連の本では、池沢夏樹さんの「カデナ」面白かったです、おすすめ。

関連記事:

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


御経塚通信内を検索

Facebookページもよろしく!

ブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ
Instagram

私の本棚

吹奏楽・管楽器 楽譜

吹奏楽
クラリネット
フルート
オーボエ
アルトサックス
テナーサックス
ホルン
トランペット
トロンボーン
チューバ
ファゴット

iPhone App.