ジャケットが印象的なJazzの名盤 : The Great Jazz Trio「At The Village Vanguard」

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
@pooh_1960です。

ここ最近、山際淳司さんの「スローカーブをもう一球」を読み、息子とキャッチボールをし、ブラバン甲子園の紹介記事を書いていて、そして今日、甲子園で高校野球開幕と野球づいていて、ふとこのアルバムを思いだしました。

私がこのアルバムに出会ったのは高校生の時。
とにかくこのジャケットですよ!
アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガ-ド

当時はLPレコードなので、より、ジャケットの印象というのがモノを言う時代。
ぱっと目に飛び込んできた鮮やかな芝生の緑、目に焼き付いています。

At The Village Vanguard / The Great Jazz Trio

 Hamk Jones(P)、Ron Carter(B)、Tony Williams(B)
 1977/2/19,20. At The Village Vanguard

中身は正真正銘のジャズ。
ハンク・ジョーンズロン・カータートニー・ウイリアムスという名うての3人のジャズメンによるトリオ。
その名もグレート・ジャズ・トリオ

日本のレーベルからの企画モノのような形なのですが、音楽も一級品。
一球入魂って感じです(失礼)

特に、ハンク・ジョーズの味のあるピアノがお気に入り。

嬉しいことにiTunes Storeにもありました。

しかし、ジャケ買い、って、やっぱりLPならではの醍醐味だったような気もしますね。

 1. ムース・ザ・ムーチ (Moose The Mooche)
 2. ナイーマ (Naima)
 3. フェイヴァーズ (Favors)
 4. 12+12

あ、ちなみに、ビレッジヴァンガードって、日本の雑貨屋さんじゃなくて、ニューヨークのジャズクラブです。
The Village Vanguard

関連記事:

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


御経塚通信内を検索

Facebookページもよろしく!

ブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ
Instagram

私の本棚

吹奏楽・管楽器 楽譜

吹奏楽
クラリネット
フルート
オーボエ
アルトサックス
テナーサックス
ホルン
トランペット
トロンボーン
チューバ
ファゴット

iPhone App.