「なぜ彼らは金賞をとれるのか~10人の吹奏楽指導者が語る強さの秘密~ 」6/23発売

LINEで送る
Pocket

EG122_660x260

こんにちは。
@pooh_1960です。

あっと言う間に6月に入りました。
気がつけば、もう来月には吹奏楽コンクールもスタートです。

コンクールに出場するみなさんは練習に余念がないことでしょう。

コンクールは全てではありませんが、コンクールを目指すことによる大きな成長があることも事実ですね。

私の場合は、合奏した時の、あの音の中、響きの中にいる、その中でハーモニーを体感していられることが、とても幸せでした。
客席ではなく、ステージ上で、もちろん自らも楽器を奏でるわけではあるのですが、周りの仲間たちの奏でる音がとけあって一つの響きとなる、その中で、音を感じていられることがえもいわれぬ快感でした。

なぜ彼らは金賞をとれるのか~10人の吹奏楽指導者が語る強さの秘密~

コンクールを目指して練習に励むだけでも充分に価値がありますが、それに成績、賞がついてくればこれほど嬉しいことはありません。
しかし、全国大会まで出場でき、さらに金賞を受賞できるのは、本当に一握りの人たちになります。

繰り返し指導する団体を金賞に導いている10人の指導者がその秘密を語る、という書籍が6月23日に発売されます。

こうした指導者たちの言葉から、何かのヒントが得られるかもしれません。

我が石川県からは、辰口中学、根上中学、そして金沢市立額中学を率い全国大会で金賞を受賞している 田中一宏先生が名を連ねています。

楽しみな一冊です。

なぜ彼らは吹奏楽の指導をするのか。
金賞には理由がある!

吹奏楽コンクールで常に上位を狙う吹奏楽部の教師たち10人が、吹奏楽指導を通して生徒に伝えたいこと、そして強さの秘密について語る。

●丸谷明夫(大阪府立淀川工科高等学校)
 引っ張っていくのではなく、一緒に走りたい
●藤重佳久(精華女子高等学校)
 音楽でたくさんのチャンスをつかんでほしい
●馬場正英(東京都立片倉高等学校)
 生徒の力、音楽の力に頼ってしまえばいい
●宇畑知樹(埼玉県立伊奈学園総合高等学校)
 赤の音と白の音でピンクの音を作っていきたい
●大滝実(学校法人佐藤栄学園 埼玉栄高等学校)
 部活動は人間学。ぶつかり合って人間としての魂を磨く
●石津谷治法(習志野市立習志野高等学校)
 “笑い”と“発想”があれば生徒の心も演奏も必ず育つ
●井田重芳先生(東海大学付属第四高等学校)
 セオリーにもとづいた音楽の美しさ
●須藤卓眞(松戸市立第四中学校)
 音楽は子どもたちを笑顔にできるから
●田中一宏(金沢市立浅野川中学校)
 カリスマ指導者は必要ない
●屋比久勲(学校法人原田学園 鹿児島情報高等学校)
 どこまでも溶け合う音こそが吹奏楽

関連記事:

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


御経塚通信内を検索

Facebookページもよろしく!

ブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ
Instagram

私の本棚

吹奏楽・管楽器 楽譜

吹奏楽
クラリネット
フルート
オーボエ
アルトサックス
テナーサックス
ホルン
トランペット
トロンボーン
チューバ
ファゴット

iPhone App.