茨木のり子の家

本・雑誌

「茨木のり子の家」 詩 茨木のり子

こんにちは。
@pooh_1960です。

「自分の感受性くらい」、「倚りかからず」
読み返しては自分を鼓舞?身を引き締めています。

そんな詩を残された詩人茨木のり子さんを偲ぶ写真集と出会いました。

茨木のり子の家

タイトル通り、茨木のり子さんの家、家の実測図面、他 生前愛用したものや自筆原稿、ご自身や同人仲間と一緒の、茨木さんをしのぶ数々の写真に茨木さんの代表的な詩を添えて構成された書籍。

撮影期間は2008年8月~2010年7月、出版は2010年。
茨木さんの亡くなられたのは2006年なので没後4年に出版されたもの。

茨木さんの作品としか接していなかったのに、何故か懐かしい感じ。
私のイメージのなかの茨木さん、茨木さんから連想されるありようそのまま。

ピート・シーガーのアルバムジャケットと歌詞カード
赤鉛筆?で囲まれた英詩はなんと、When I was most beautiful.

そう、茨木さんの代表作「わたしが一番きれいだったとき

わたしが一番きれいだったとき
街々はがらがら崩れていって
とんでもないところから
青空なんかが見えたりした

わたしが一番きれいだったとき
まわりの人達が沢山死んだ
工場で 海で 名もない島で
わたしはおしゃれのきっかけを落としてしまった

「わたしが一番きれいだったとき」茨木のり子(「茨木のり子の家」18p)

若者たちが、再び このような詩をうたわなくてよいように。

ピックアップ記事

  1. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  2. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…

関連記事

  1. 本・雑誌

    レビュー : 下村健一「マスコミは何を伝えないか -メディア社会の賢い生き方-」

    これは1人でも多くの方に読んで欲しい良書。インターネットによっ…

  2. 本・雑誌

    レビュー : 池澤夏樹「キップをなくして」

    こんにちは。恵比寿のビール工場のすぐ近くに住んでいたことのある@p…

  3. 読書

    ゲラ本とゲラ刷り

    ここのところ立て続けに出版前のゲラ本とまだ製本されていないゲラ刷り段階…

  4. 読書

    ジャンプ改Twitterキャンペーン当選!「87CLOCKERS」扇子、いただきました!

    先日エントリした「のだめカンタービレ」の二ノ宮知子さんの新作「87CL…

PAGE TOP