読書

レビュー:「日本語を味わう名詩入門 12 草野心平」

こんにちは。
詩を読むのは好き @pooh_1960です。

2012-10-21 12.07.10_s

萩原 昌好 編「日本語を味わう名詩入門 12 草野心平」

草野心平の名はもっぱら文学史の中で接してきただけ。
実際の詩作を読むのは初めてだった。
本書は初期の作品『第百階級』の中の一篇「秋の夜の会話」からはじまる。
蛙の詩人、とも呼ばれたそうだ。蛙の気持ちになり、人間の世界を照射する。
その眼差しのするどさ、でも、どこかユーモラスな語り口も面白い。
子どもから読める入門書、一篇一篇に短い解説がありその詩の世界の理解を助けてくれる。

言葉のリズム、表現がおもしろい「春殖(しゅんしょく)」
しんしんと降り続く雪の風景が目の前にあらわれてくるかのような、「ゆき」
そして、言葉の解釈の観点がうならせる「百姓という言葉」

の3つが特に心に残りました。

「百姓という言葉」の次のような一節からはじまります。

百姓という言葉はいい言葉だ。
一人で百の姓をもつ。
その豪儀。
その個と。
連帯。

自立した個と個のつながり。
生命(いのち)を大切にしていく世の中でありたいと、あらためて思いました。

IU(아이유)日本オリジナル ミニ アルバム「Can you Hear me ? 」3/20発売!前のページ

石川県から全国大会へ5団体!第36回北陸アンサンブルコンテスト 終了次のページ

ピックアップ記事

  1. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  2. 元「パティスリー・ラ・ナチュール」の建物解体終了!
  3. 「岩城宏之メモリアルコンサート2018」
  4. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…
  5. 神奈川フィルさんの「フォロワーさん減った」嘆きのツイートに対するオーケストラさん…

関連記事

  1. 読書

    森絵都『アーモンド入りチョコレートのワルツ♪』(角川文庫)

    森絵都さんの作品。タイトルに惹かれて、米原万里さんの本を注文するつ…

  2. 読書

    【R+】MacPeople 2010年9月号 レビュー

    今回もR+(レビュープラス)さんからの献本枠でのレビューです。Mac…

  3. 読書

    MacPeople 2010年10月号 レビュー

    今回は自腹でレビューです(^_^;)amazlet at 10.09…

  4. 御茶ノ水橋から聖橋を望む 2006年4月3日

    読書

    レビュー:池田雅史「ニコライ堂と日本の正教聖堂」

    こんにちは。4年間御茶ノ水に通っていた@pooh_1960です。…

最近の記事

PAGE TOP