試写会レビュー 高畑勲監督『かぐや姫の物語』竹取の翁は今の日本人を象徴しているのかも知れない

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
@pooh_1960です。

もう一週間も前の話しになりますが、イオンシネマ御経塚(イオン御経塚)で行われた『かぐや姫の物語』の試写会に行ってきました。
『かぐや姫の物語』試写会の半券

高畑勲監督『かぐや姫の物語』

素朴な柔らかなタッチの人物と美しい自然の絵が印象的。
アクションやSfではないので息もつかせぬという感ではなく、物語に沿って自分自身の頭の中でいろいろな思いが動き出し、あっという間の137分でした。

「かぐや姫」という名がつく前の、かぐや姫の生活や風景は、私の生まれ故郷の風景や生活を思い出させ、意識はしばし幼いころへ飛んでいきました。

竹取の翁は現代日本人の象徴であると思った

山で、竹を取りそれを加工して生業をたてていた、竹取の翁がなぜ都へでて、貴族然とした暮しをしたのか。
今までも疑問に感じないではなかったのですが、この映画で納得。

そういえば、原本の竹取物語でもちゃんと書かれていました。私の記憶になかっただけ。
かぐや姫を見つけたあと、竹取の翁は竹から黄金を見つけていたのですね。

竹取の翁、竹を取るに、この子を見つけてのちに竹取るに、節を隔ててよごとに金(こがね)ある竹を見つくること重なりぬ。かくて翁やうやう豊かになりゆく。

竹取物語~現代語訳

竹取の翁はお金を手にしたゆえに、かぐや姫への愛情が、かぐや姫自身の思いとは全く相容れぬ形になっていってしまう。

その、かぐや姫への愛情、自らが思い描くかぐや姫の幸福が、本人が望まぬもの、幸せにしないものだと、気づく機会が何度もありながら、かぐや姫を失うまでわからない。
失って初めて自らの過ちに気づくのでした。

核、それを利用しての原発。理想的なエネルギーだ、お金になる、って喜んで進めてきた人類。
でも、広島、長崎、スリーマイル、チェルノブイリ、そして福島第一原発。
これだけの経験をしても気づかぬ私たち。

失ってしまうまで、地球が亡くなるまで、気づかぬままなのか。

って、そう思ったわけです。

そんな、ひねくれた見方をせずとも、よい映画だと思います。
一緒に行った娘も「三回泣いた」と言っておりました。
(あ、そもそもこの試写会は娘が当選して、私はご相伴にあずかったのです)

観て損はない映画だと思います。

関連記事:

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


御経塚通信内を検索

Facebookページもよろしく!

ブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ
Instagram

私の本棚

吹奏楽・管楽器 楽譜

吹奏楽
クラリネット
フルート
オーボエ
アルトサックス
テナーサックス
ホルン
トランペット
トロンボーン
チューバ
ファゴット

iPhone App.