日記

マエストロ岩城逝く

昨日、夜のTVニュースで訃報を知り愕然としました。
この地に越してきて、嬉しいことの1つに岩城宏之さん率いるOEK(オーケストラ・アンサンブル金沢)の存在がありました。おおげさなようですが、それが、そんな文化を育む地に暮らすことが、私の誇りでもあったのです。
近くだからいつでも聴きにいける、と油断していました。
もちろん、病気のことも知ってはいたのですが・・・

結局、生で岩城宏之指揮OEKの演奏を聴いたのは、石川県立音楽堂ができるまだ前、観光会館での定期1回きり。
たしか、その回は、委嘱作品が間に合わず、それについて直接お話しをされたような記憶が。いまとなっては演奏曲目すら思い出せないのですが、とにかく、門外漢の私でも「とてもいい音をだすオーケストラ!」ってことは、よーくわかりました。(それからほどなく県議会でOEK運営赤字が問題になり、ばからしい議論が起こったのだが・・・)

そして、岩城さんといえば、音楽だけではなく、「話の特集」時代から、文筆家としても楽しませてくれました。
単行本で最初に読んだのはおそら岩波新書の「フィルハーモニーの風景
楽譜を写真のように1ページ1ページ頭の中に焼き付けていること、その1ページが欠落して冷や汗をかいた、という話しが特に印象に残っています。

近場にいるという以外に、油断してしまったもう一つの原因?といえば、その文筆の分野での活躍。

現在、週刊金曜日で「いろはうた」というエッセイを連載中。例のユーモアあふれる語り口で毎回楽しみにしていました。
軟派な金曜日読者としては、真っ先に開くページ。
つい、2週前(No.608 6/2)の誌面でも、その連載では和田誠氏とベートーベンの交響曲の話しなどされていたのに。。。

岩城さんとOEKについては、自在コラム(金沢大学地域連携コーディネータ・客員教授 宇野文夫さんのブログ)に詳しく紹介されています。

今年は、親友の死からはじまって、米原万里さん、岩城宏之さんとこうも愛すべき人たちの訃報が続くとは・・・

50回目にして生前最後となった、岩城さんの「いろはうた」はこの6/2日号に掲載

10歳!前のページ

白いぼうし次のページ

ピックアップ記事

  1. 元「パティスリー・ラ・ナチュール」の建物解体終了!
  2. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  3. 「岩城宏之メモリアルコンサート2018」
  4. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…
  5. 神奈川フィルさんの「フォロワーさん減った」嘆きのツイートに対するオーケストラさん…

関連記事

  1. 日記

    ブログの書き込み方法実習

    ただいまHTMLの授業中です。みなさん、すばらしい作品ができあがりま…

  2. 日記

    19回目の誕生日

    あっ、というまに6月も終わりそう。いやぁ、まじであせります。何も成…

  3. 日記

    ようやく光になりました

    天候不順のため急遽、1日延期になった御経塚サティのフリーマーケットが…

  4. 日記

    文化学院

    4月、新しい年度のスタートです。3月後半から、母の引越し、そし…

  5. 日記

    体育の日

    「体育の日」ということで、思いっきり運動を・・・ しませんでした。が、…

  6. 日記

    ガランピーポロン

    昨日24日(月)、石川県文教会館で行われた、「朝日親子で楽しむコンサ…

最近の記事

  1. Twtterリスト「日本のオーケストラ」
  2. 御経塚泉の広場
  3. うちで踊ろう
PAGE TOP