日記

汚れたパンツは洗濯しよう!

私の敬愛する米原万里さんが逝ってしまって悲しんでいるのもつかの間、民主党案まるのみで共謀罪を成立させようとしている、というニュースが飛び込んできて、びっくりするやら、あきれるやら、やっぱり、と思うやら。。。
さすが、「汚れたパンツを裏返したような」現首相、自民党である。感心している場合ではないのだけど。。。。
この辺の共謀罪をめぐる動きについては、保坂展人さんのブログを読んでみてください。

「汚れたパンツ」の話しは米原万里さんの「真夜中の太陽」の中にでてきます。

この本は世紀が変わる2000年から2001年にかけてのエッセイ・時評をまとめたもの。でもですね、時評なのに、今読んでもまったく古くなくて、いや、時が経過しているから万里さんの言ってることの正しさがぜーんぶ納得できて、すごいです。

万里さんの著作はだいぶ読んでいるのですが、これは未読だったので、たまたま、訃報が流れる前日の日曜日、行きつけの書店で買ってきたところでした。その時点では亡くなられたなんて夢にも思っていませんでしたが・・・

さて、肝心のパンツのお話しは、、

「フランス人の男は不潔、日本人の男は毎日パンツとりかえるから清潔」というフランス人の友人Sの言葉を受け、
日本人の男だって、毎日取り替えるパンツを洗っているのは母親か奥さん・彼女、洗濯が間に合わなくなると・・・

「前にはき汚したパンツの山の中から比較的汚れのすくないのを選び出して、はくのよ、裏返したりしてね」

「おおトレビアン!なかなかあたまいいね」

Sは感激して、ついでに、こんな卓抜な連想をしてくれた。

「でも、そのパターン、日本人がよく使う手だよ。たとえば、今度の自民党の総裁選出だってそうじゃないか」

「えっ!?」

と腰をぬかしつつも、ああ、そういえば、どの総裁候補も汚れていたな、選択肢は狭く限られていたし、と今さらながら気付いたのだった。新総裁は、前総裁の派閥の会長だったわけで、まさに汚れたパンツの裏を返したようであるな、と。ちゃんと洗濯するのは、いつのことになるのだろうか、と。

出展:米原万里「真夜中の太陽」より「エピローグ ちゃんと洗濯しようよ!」 中公文庫版 240p~242p

そういえば、こんどの総裁有力候補と目されているのも同じ派閥の二人。

「ちゃんと洗濯しようよ!」っていう万里さんの声が聞こえてきそうです。

みんなで一緒に洗濯しましょう。。。。
洗濯の相談でも共謀罪になるかなぁ

created by Rinker
¥649 (2021/04/13 23:09:10時点 Amazon調べ-詳細)

御経塚のイチゴ前のページ

若い力&コンサートのお知らせ次のページ

ピックアップ記事

  1. 「岩城宏之メモリアルコンサート2018」
  2. 元「パティスリー・ラ・ナチュール」の建物解体終了!
  3. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…
  4. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  5. 神奈川フィルさんの「フォロワーさん減った」嘆きのツイートに対するオーケストラさん…

関連記事

  1. 日記

    入院相次ぐも・・・みな無事退院

    年末から風邪を引いていた母(大正14年生まれ)が、1月4日に入院。肺炎…

  2. 日記

    第27回 野々市じょんからの里 マラソン大会

    秋晴れ、快晴の1日。娘(小6)がマラソン大会に出場するというので、…

  3. 日記

    高橋和巳「邪宗門」

    「週刊金曜日」手帳の今日のできごとネタ。3月13日。1936年…

  4. 日記

    今年もよろしくお願いします!

    2008年になりましたね。今年もよろしくお願いします。年末から、な…

  5. 日記

    御経塚「泉の広場」雪景色

    朝、久しぶりの本格的な雪景色。窓の外は一面真っ白になっていてびっく…

  6. 日記

    あさがお

    昨晩、「明日咲きそう」と家人が言っていたので、目覚めてすぐベランダを…

最近の記事

  1. Twtterリスト「日本のオーケストラ」
  2. 御経塚泉の広場
  3. うちで踊ろう
PAGE TOP