日記

誕生日に小田実さんを偲ぶ

9月8日は27回目の誕生日でした。

うそです、プラス20、47回目です。

気分だけは本当に、20代なのです、だって、
「独りであること、未熟であること、それが私の二十歳の原点である」
という高野悦子さんの言葉に共鳴していた時分と、そう精神年齢は変わっていないのですから。

さて、誕生日といえば、遠い昔、浪人時代、代ゼミの授業の時、ある講師(だれだか思い出せないのです、椿本さんか、古藤さんか、それとも松山さんか・・・)が、「今日も誰かが誕生日を迎え、『よし、がんばろう』と気持ちを新たにしている」だから、一日一日を大切に、というようなことを言っていたのを思い出します。
何気なく過ぎて行く時間が、ほんとうに大切なものだと思います。竹内まりやじゃないけど「毎日がスペシャル」ですね。
とは、いうものの、あいかわらず、毎日ぐうたらな私ですけど・・・

当時、その代ゼミで、小田実さんが講師をしていました。
兄たちの母校?というだけでなく、小田実がいたから代ゼミ、でもあったのです。
確か、英文読解と英作文の授業をされていたはず。
特に記憶に残っているのは、アフリカを題材にしたテキストを使っての授業。
アフリカには多数の言語が存在し、それ故に文化が豊穣なのだ、という意味のことを、話されました。
いまの首相がいう「美しい国」は、実は多様性を排した強権的かつ全体主義的なもの。そこに豊かな文化など生まれようがない、精神の衰退をもたらすだけ。時代が逆行していきます。

小田さんは、あの、大きな身体を、ちょっと猫背気味に前屈みに、ぼそぼそと、それでいてちょっと甲高い感じもあり、つんのめるような早口で講義をされていました。

実は、文体、というか、言い回し、言葉の用い方という点に関しては、一番影響を受けました。今の私の文章からは想像もできないかも知れませんけれど。

世の中の「ありよう」を見つめる視点は、あくまでも市民、市井の人々の側にあり、つねに発言を、行動を続けた小田さん。
その死は、本当に、いま、この時期に、と残念でなりません。合掌。

IC3受験、そしてIC3認定インストラクターに!前のページ

「楽天ブックス@ファミマ受取便」を利用してみました次のページ

ピックアップ記事

  1. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…
  2. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  3. 元「パティスリー・ラ・ナチュール」の建物解体終了!
  4. 神奈川フィルさんの「フォロワーさん減った」嘆きのツイートに対するオーケストラさん…
  5. 「岩城宏之メモリアルコンサート2018」

関連記事

  1. 日記

    桜が咲き始めてきました

    ぼちぼちと桜が咲き始めました。御経塚 泉の広場 裏の 馬場川沿い…

  2. 日記

    僕は常に負け犬の気分だ・・・U2 ボノ

    U2は特に好んで聴く、というわけではなく、聴いたことがあるくらい。i…

  3. 日記

    10歳!

    昨日、2006年6月10日(土)は娘の10回目の誕生日でした。…

  4. 日記

    御経塚の桜

    桜の花もだいぶ開いてきましたが、今日の御経塚は、朝から雨が降っていま…

  5. 日記

    石川の農林漁業まつり

    今日は、昨日夕方のテレビニュースで紹介されていた、「石川の農林漁業…

  6. 日記

    Nokia 702NK2

    さあ、いよいよ2005年も最後の日をむかえました。富山は今、日がさし…

最近の記事

PAGE TOP