日記

3つの1月17日

めでたい
昨日、1月17日は次男の14回目の誕生日でした。
現在、中2で卓球部に所属する彼は、3人の子どもたちの中で唯一、2度大きな危機に遭遇してきました。
1度は2歳の時、同じアパートの少し年長の子と、アパートの近くで遊んでいた時に、アパートのすぐ裏の川に落っこちました。
すぐに一緒にいた子が知らせに来てくれたので、あわてて飛び出して、川へ飛び込んで救出。その時は水量がごく少なかったので(子どもの足でもひざ下くらい)、川べりに立って泣いてた状態。膝の辺りを切り、数針縫っただけですみました。

赤飯2度目は小学校の2年生の時。当時、まだ土曜日が休みではなかったので、登校のため、地域の集団の集合場所へ向かう途中の横断歩道で車に接触。
目撃した方の話では、ボンネットの上に乗っかって落ちたみたいなのですが、ランドセルから落ちたので、かすり傷ですみました。
土曜日で私も休みだったので、私も自宅にいて、連絡をもらって駆けつけましたが、その時はさすがに心臓がとまるかと思いました。
なぜ横断歩道でか、というと、走ってきた車が右折のウィンカーを出していたので、それを確認して渡り始めたところ、その車が右折しようとした道路が混んでいたため、右折をやめ直進しようとして、横断歩道を渡ろうとしていた息子に気づくのが遅れた、ということでした。
なので、もともとスピードが出ていなかったことと、ランドセルのおかげで、かすり傷で済んだのです。
しかし、今までのところ、それだけですんでいるので、ほんとありがたいことです。
さて2つ目、1月17日といえば、阪神・淡路大震災ですが、もう一つの、3つ目の大きな1月17日・・・

次男が誕生するちょうど1年前の1991年1月17日
アメリカ軍がイラクを爆撃、戦争が始まった日です。
そう、「湾岸戦争」です。
そのとき、私たち夫婦と息子(長男)は、ピースボートに参加。アラビア海沖を航行中のギリシャ船籍オセアノス号の船上にいました。
あれから既に15年がたちました。
残念ながら、それから世界はますます混沌としてしまいました。
今回も、阪神・淡路大震災の報道では、風化が危惧される、という声が報じられていましたが、私たちは、過去の歴史を学ぶことなく、過ちを繰り返していくばかり。
このままの、世界を子どもたちに引き継いでいくのは、あまりにも申し訳ない、ので、声をあげて、知恵を出しあって、少しでもまともな世界に、していきましょう。
と、いうことでこの機会に、湾岸戦争とその後のイラクの、世界のありようも振り替えってみて欲しいと思います。

湾岸戦争を知るためのリンク

森住卓さんのサイト の イラクレポート
フォトジャーナリスト森住卓さんのサイト。このイラクレポートでは、劣化ウラン弾の被害を中心にイラクの人々、子どもたちの表情が映し出されています。これが同時代に起きていること・・・
江川紹子さんとの共著「イラクからの報告」は文庫本なので、手軽に読めます。
イラクからの報告―戦時下の生活と恐怖
豊田直巳さんのサイト「境界線の記憶
こちらも著名なフォトジャーナリスト豊田直巳さんのサイト。
昨年発売された、「子どもたちが生きる世界はいま」とてもいい本です。おすすめです。
子どもたちが生きる世界はいま
田中宇の国際ニュース解説 世界はどう動いているか
歴史は繰り返す? 湾岸戦争とイラク戦争
湾岸戦争に関する分析。上記お二人の映し出す、普通に暮らすイラクの人々の姿が、マスメディアではなかなか目にする機会がないのと同様、多くの報道されない情報があることを教えてくれます。

[クイック起動]バーから[デスクトップの表示]アイコンが消えた前のページ

エレック・レコード復刻!次のページ

ピックアップ記事

  1. 「岩城宏之メモリアルコンサート2018」
  2. 神奈川フィルさんの「フォロワーさん減った」嘆きのツイートに対するオーケストラさん…
  3. 元「パティスリー・ラ・ナチュール」の建物解体終了!
  4. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  5. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…

関連記事

  1. 日記

    のとじま水族館

    10日、日曜日に、「のとじま水族館」に行って来ました。本格シーズン前…

  2. 日記

    未来は自分の意志で変えられる

    先日の「宇宙戦争」に続きスピルバーグ&トム・クルーズの「マイノリ…

  3. 日記

    御経塚の桜 2009

    昨日2009年4月12日、ほんとうに久しぶりの何も予定のない休日。…

  4. ベランダの朝顔

    日記

    2012年9月 Instagram まとめ

    こんにちは。9月、大好きな誕生月があっという間に終わってしまい…

  5. 日記

    御経塚 虫送り

    御経塚地区の虫送り。虫送りとは、稲につく害虫を駆除するための行事、…

  6. 日記

    御経塚散策:セミ観察

    日曜日ということで、久しぶりに虫取りアミを持って、御経塚散策。まず…

最近の記事

  1. 風と緑の楽都音楽祭2022
  2. Twtterリスト「日本のオーケストラ」
  3. 御経塚泉の広場
PAGE TOP