日記

いつのまにか

木曜日、ということで、またまた「坂崎さんの番組という番組」を聴きながら仕事から帰ってきました。
今日は、坂版アーティストデータファイル、「なか」の項目、ということで、仲井戸麗一(チャボ)、中川イサト、から、途中、サティで買い物をしていたので聞き逃したけれど、最後は、中川五郎

中川五郎、存在はもちろん知っていたけれど、リアルタイムでは聞いていないし、あまり意識もしていなかったのですが・・・

この「いつのまにか」という歌、今日はじめて聴きました。
愕然としました。
1969年の「終わり・はじまり」というアルバムに収録されているので、ヴェトナム反戦や反安保闘争が繰り広げられていた時代の歌なのだが・・・

坂崎さん曰く、「当時は現実とは遠い感覚で聞いていたけど、今の方が現実味を帯びて聴こえる」「いったいこの国はどこへ行くんだろう」と。
ほんとうに今聴くと、まさに現実、まさにリアル。
背筋が寒くなる。

いつのまにか」 作詞:山内清

いつのまにか そこで戦争がおこなわれているのが
あたりまえになり
朝刊に戦争の記事がのっていないと
ほんとうの朝がきたと信じなくなり

いつのまにかそこで人が死んでいるのが
あたりまえになり
殺されるにんげんの苦しみがきこえてこないと
生きていると 信じなくなり

いつのまにか そこで国が こわされているのが
あたりまえになり 耐えているにんげんが
むくわれなければならないと信じなくなり

いつのまにか そんなひとたちは 信じている
わたしのくにに戦争がおこるはずはない
わたしの家族にそんな不幸がくるはずはない

けれどもうすぐ自分を見失った
あなたの死体が 朝刊にのってはこばれてくる
焼けただれた あなたのくにが
朝刊にのって はこばれてくる
それはもう近い ごく近い

なお、上記の歌詞は、佐藤零さんのブログ「またれい!2005.06.19 のエントリからの孫引きです。

いって来ました!アジアンデイズ御経塚店前のページ

心が凍ってしまいます次のページ

ピックアップ記事

  1. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…
  2. 「岩城宏之メモリアルコンサート2018」
  3. 元「パティスリー・ラ・ナチュール」の建物解体終了!
  4. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  5. 神奈川フィルさんの「フォロワーさん減った」嘆きのツイートに対するオーケストラさん…

関連記事

  1. 日記

    第30回 石川の農林業業まつり

    18日(土)、今年も行ってきました、「石川の農林漁業まつり」。朝1…

  2. 日記

    やっぱり吹奏楽は最高!

     朝、また朝顔がきれいに咲いていました。そして夕陽。最近こればかり…

  3. 日記

    ユーミンとキース・ジャレット

    やはり同世代だな、と思いました。昨日の題名のない音楽会21で、佐渡…

  4. 半夏生のたこ飯

    日記

    今年も「半夏生」のたこ飯!

    昨日 7月2日、今年も「半夏生」のいわれにならい、たこ飯を食べまし…

  5. 日記

    コスモス揺れる秋

    9月も後半になってしまいました。昨日、松任CCZ近くのコスモス畑へ…

  6. 日記

    最近作ったブログです

    いまや、簡単にブログで情報発信、という時代ですね。ブログであれば、H…

最近の記事

  1. 御経塚泉の広場
  2. うちで踊ろう
  3. クラリネットでわかるソーシャル・ディスタンス
PAGE TOP