本当に決意して破局を防ぐことに努力したら、恐らくは可能であった…

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
@pooh_1960です。

タイトルの言葉は、しばらく前に読んだ徳間書店創業者 徳間康快を描いた佐高信さんの著書「飲水思源 (メディアの仕掛人、徳間康快)」の中で引用されていた緒方竹虎の言葉

緒方竹虎
写真:緒方竹虎 – Wikipedia

戦前 朝日新聞主筆、戦後公職追放、復帰後は保守政治家としてその名を轟かせた緒方竹虎

何が「防げたのか」、

少し長くなるが「飲水思源」からの孫引きで引用

緒方竹虎、当時吉田茂内閣官房長官、が「新聞ラジオ読本」1952年12月号に寄せた文章
太字は引用者

私は昨今でも時々、新聞が太平洋戦争を防ぎ得なかったかを考えてみることがある。この自問に対する私の自答は、日本の大新聞がある早い時機に軍を中心とする国内情勢を洞察し、本当に決意して破局を防ぐことに努力したら、恐らくは可能であったというのである。
もちろんこれには言論の自由の確保されることが前提条件であり、大新聞の共同戦線を必要とする。普選以後、新聞の足並の揃わなかったのは、いろんな理由があるが、各編集者間の努力の足らなかったことも事実であり、私もこの点について責を感ぜざるを得ない。

あの震災、原発事故があってなお自民党が勝利してしまうようなこの現状。

嘘八百の安全神話をまきちらし、推進してきた原発が破綻しても、なお、原発推進へと舵を切る。

あの戦争を繰り返さないため、と多くの先達が支え守ってきたこの国の憲法をないがしろにし、声高に改憲を唱える、この国の首相。しかも、目の上のたんこぶの9条を変えるのが大変だからと、恥ずかしげもなく、96条から変えようという、姑息な手段をとろうとする、そんな政権が成立しうるというこの国の不思議。

いま、緒方竹虎が回顧した「ある早い時機に」に既にさしかかっているように思う。

大新聞をはじめとするマスメディアを構成する皆さんには特に、ですが、全ての大人たちが考える行動する必要があるように思う。

ところで、この「飲水思源」の主人公である徳間康快

宮崎駿アニメ、ジブリの親でもあります。

ジブリ映画「コクリコ坂から」の学校の理事長はこの人がモデル。
私は「飲水思源」を読んだ後に、テレビ放映された「コクリコ坂から」を観たのだけど、本から受けたイメージとほぼ同じだった。

関連記事:

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


御経塚通信内を検索

Facebookページもよろしく!

ブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ
Instagram

私の本棚

吹奏楽・管楽器 楽譜

吹奏楽
クラリネット
フルート
オーボエ
アルトサックス
テナーサックス
ホルン
トランペット
トロンボーン
チューバ
ファゴット

iPhone App.