本・雑誌

『オウリィと呼ばれたころ – 終戦を挟んだ自伝物語』佐藤さとる(理論社)

こんにちは。
@pooh_1960です。

幼いころワクワクしたり、胸がキュッとしたり、心がジーンとしたりしながら読んでいた読み物。
特に、庄野英二『星の牧場』、あまんきみこ『白いぼうし』、そして 佐藤さとる『だれも知らない小さな国』はある意味私を形作ってくれた大切な作品。後年、これに吉野源三郎『君たちはどう生きるか』が加わるのだが。

物語の楽しさ、胸をわくわくさせる、という意味においては一番だったのがコロボックルシリーズ。

その作者 佐藤さとるさんの少年から青年期の自叙伝がこの『オウリィと呼ばれたころ』

佐藤さとるさん、コロボックルファンはもちろん、その物語を引き継ぐことになった有川浩さんファンのみなさんも、ぜひご一読を!

オウリィと呼ばれたころ―終戦をはさんだ自伝物語』佐藤さとる(理論社)

子どもの頃、わくわくしながら読んだ「だれも知らない小さな国」。それをはじめとして、コロボックルシリーズは全て読み、子どもたちにも読み聞かせした私の大好きな作品。
その作者 佐藤さとるさんの第二次大戦を挟んだ、少年から青年時代の「自伝物語」
佐藤さんの筆になるので、読みやすい文章。その後生み出される物語の温かさのみなもとになる、おおらかで優しい人柄がわかる作品。
本格的な執筆活動を行うことになる、その後の物語もぜひ読みたいものだ。

ピックアップ記事

  1. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…
  2. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています

関連記事

  1. 本・雑誌

    キム・ジュンヒョク「楽器たちの図書館」

    こんにちは。@pooh_1960です。なんか、久しぶりです…

  2. 本・雑誌

    レビュー:野口聡一「宇宙より地球へ 惑星に棲む君への手紙」

    こんにちは。@pooh_1960です。いよいよ北陸地方も梅…

  3. 本・雑誌

    佐渡裕「僕が大人になったら」

    指揮者 佐渡裕。ブザンソン指揮者コンクールでの優勝以来、同年代…

  4. 本・雑誌

    光村ライブラリー・中学校編 第5巻 朝のリレー・ほか

    こんにちは。@pooh_1960です。あまんきみこ…

PAGE TOP