読書

米原万里、そしてロシア

Amazonから今日届きました。
「米原万里、そしてロシア」 伊藤玄二郎・編 かまくら春秋社

米原万里、そしてロシア 米原万里、そしてロシア
(2009/05)
伊藤 玄二郎

商品詳細を見る

万里さんにゆかりのある方々の文章と、ロシアについてのエッセイが掲載されています。
まだ、ぱらぱらとめくって拾い読みしただけですが、巻頭にはいままで見たことの無い写真も掲載されていたり、意外な人との関係がわかったり、と小さな本ながら、楽しみに満ちています。
しかし、宇野淑子さんの

私は万里さんの最期をみとれなかった。前夜は泊まり込んで付き添ったが、仕事で早朝に鎌倉を出たのである。知らせを受け引き返したとき、すでに化粧を施された万里さんは安らかに寝ていた。もう苦しまなくていいね。それが実感だった。癌は惨かった。意識のある最後まで「どうしてこんなに辛いの?」と万里さんは訴え続けた。

「米原万里、そしてロシア」53P

という一文を読むと、胸が締め付けられます。
私も父を癌で亡くしたので、その晩年の姿、思い出とダブってしまうので余計なのですが・・・
未だに早すぎる死が残念でなりません。
まだ読んだことの無い方はぜひ読んでみて下さい→米原万里の著書
関連記事
マルクス家の告白ゲーム:(2006/8/24)
汚れたパンツは洗濯しよう(2006/6/2)
文化学院(2006/4/6)
嘘つきアーニャの真っ赤な真実(2005/1/30)

高度な技術の「プランジャーミュート」の思い出前のページ

引退次のページ

ピックアップ記事

  1. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…
  2. 元「パティスリー・ラ・ナチュール」の建物解体終了!
  3. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  4. 神奈川フィルさんの「フォロワーさん減った」嘆きのツイートに対するオーケストラさん…
  5. 「岩城宏之メモリアルコンサート2018」

関連記事

  1. 読書

    [R+] クーリエ・ジャポン 2010年3月号「貧困大国の真実」

    今回も、R+(レビュープラス)さんより献本頂きました。COURRiE…

  2. 読書

    読みたい本、読んだ本、手軽に登録できる「ブクログ(Booklog)」

    完全な文系人間。これまでも多くの書物から影響を受けてきました。本が家…

  3. 『インクルージョン思考』石田章洋
  4. 御茶ノ水橋から聖橋を望む 2006年4月3日

    読書

    レビュー:池田雅史「ニコライ堂と日本の正教聖堂」

    こんにちは。4年間御茶ノ水に通っていた@pooh_1960です。…

最近の記事

  1. 御経塚泉の広場
  2. うちで踊ろう
  3. クラリネットでわかるソーシャル・ディスタンス
PAGE TOP