本・雑誌

『オウリィと呼ばれたころ – 終戦を挟んだ自伝物語』佐藤さとる(理論社)

こんにちは。
@pooh_1960です。

幼いころワクワクしたり、胸がキュッとしたり、心がジーンとしたりしながら読んでいた読み物。
特に、庄野英二『星の牧場』、あまんきみこ『白いぼうし』、そして 佐藤さとる『だれも知らない小さな国』はある意味私を形作ってくれた大切な作品。後年、これに吉野源三郎『君たちはどう生きるか』が加わるのだが。

物語の楽しさ、胸をわくわくさせる、という意味においては一番だったのがコロボックルシリーズ。

その作者 佐藤さとるさんの少年から青年期の自叙伝がこの『オウリィと呼ばれたころ』

佐藤さとるさん、コロボックルファンはもちろん、その物語を引き継ぐことになった有川浩さんファンのみなさんも、ぜひご一読を!

オウリィと呼ばれたころ―終戦をはさんだ自伝物語』佐藤さとる(理論社)

子どもの頃、わくわくしながら読んだ「だれも知らない小さな国」。それをはじめとして、コロボックルシリーズは全て読み、子どもたちにも読み聞かせした私の大好きな作品。
その作者 佐藤さとるさんの第二次大戦を挟んだ、少年から青年時代の「自伝物語」
佐藤さんの筆になるので、読みやすい文章。その後生み出される物語の温かさのみなもとになる、おおらかで優しい人柄がわかる作品。
本格的な執筆活動を行うことになる、その後の物語もぜひ読みたいものだ。

ピックアップ記事

  1. 「岩城宏之メモリアルコンサート2018」
  2. 元「パティスリー・ラ・ナチュール」の建物解体終了!
  3. 神奈川フィルさんの「フォロワーさん減った」嘆きのツイートに対するオーケストラさん…
  4. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  5. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…

関連記事

  1. わが家の「大どろぼうホッツェンプロッツ」
  2. 本・雑誌

    光村ライブラリー・中学校編 第5巻 朝のリレー・ほか

    こんにちは。@pooh_1960です。あまんきみこ…

  3. 本・雑誌

    灰谷健次郎さん逝く

    11月23日、灰谷健次郎さんがなくなりました。いま、この時期…

  4. 読書

    脳のごはん

     私にとって読書は、脳のごはん、栄養をつけてくれるもの。10代の好奇心…

  5. 米原真理 思い出帳

    日記

    米原万里さん「マルクス家の告白ゲーム」

    新刊が発売されたこともあり、敬愛する米原万里さんの話題。…

最近の記事

  1. https://nottydoko-demo.sodeproject.com/
  2. Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash
  3. おさぴー|ぱくたそフリー素材 https://www.pakutaso.com/unific.html
  4. 馬場川緑道地下道からの桜
PAGE TOP