読書

[R+] MacPeople 2010年2月号(2009/12/26発売号)

R+(レビュープラス) さんより献本頂きました。
MacPeople(マックピープル) 2010年2月号(2009/12/26発売号)

特集
 1. メールの操作法・進常識
 2. Macが壊れる仕組み
 3. オールドマックで快適Ubuntu
 4. 激アツTECH図鑑
特別付録
 1. DVD=ROM
 2. MacPeopleベーシック「プレビュー」(綴じ込み小冊子)
 3. マックのひみつ(別冊小冊子)
通巻250号突破記念!!
 3号連続モニター&プレゼント企画
年末(12/26)発売ということもあり、DVDに小冊子が付録と豪華
さらに、今号で最後となる通巻250号突破記念のモニター&プレゼントへの応募も可能で、
とてもお買い得な内容になっています
さて、最近なかなか余裕がなかったこともあり、MacPeople誌、久しぶりに手にしました。
Macを利用するためのノウハウが満載、内容がぎっしりと詰まっています。
今回の特集の中では、「特集3 オールドマックで快適Ubuntu」が嬉しいところ。
Ubuntu バージョン10.9 がDVDに収録されているので、特集を読みながらすぐに試してみることができます。
今、帰省中でできませんが、帰ったら、我が愛機 G4Cube にインストールして、再活用したいと思っています。
G4Cube 、現状のまま動かすと、さすがにまったりとして、ちょっとイライラしてしまいます。
Ubuntuで再活用できれば嬉しいですね。
ただ、今回の記事はインストールと簡単な機能の紹介だけです。
「特集1 メールの審査法・進常識」は、「表示」「受信」「送信」「データ管理」「データ共有」「iPhone」の6つの項目で、クライアント別に、ノウハウ、便利なフリーソフトなどが紹介されています。
日常メールを利用している方にはすぐに役立つTipsがみつかることでしょう。
今回一番役立つたのが「特別付録2. MacPeopleベーシック「プレビュー」」
普段「プレビュー」は画像ファイルを表示したり、PDFを閲覧したりするだけ。
Macを使っていればお世話になるにも関わらず、あまり機能を知ろうとはしませんでした。
しかし、この特集で、プレビューは単なる閲覧ソフトではなく、強力な編集ソフトであることが分かりました。
お金をかけて有料のソフトを使うことなく、慣れない英語に苦労しながらフリーソフトを使うことなく、プレビューで間に合ってしまいます。これは、読んで損なしです。
そして、そして、「我が妻との闘争」
今回も楽しく、そして切なく、身につまされる思いを感じながらよみました。
実は、これが一番楽しみだったりします。
ほか、フリーソフト、iPhoneアプリの紹介、製品情報など、盛りだくさん。
まだ、読み切れていません。しばらく、楽しめそうです。

MacPeople(マックピープル) 2010年 02月号 [雑誌]
アスキー・メディアワークス

ピックアップ記事

  1. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  2. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…

関連記事

  1. 読書

    【R+】MacPeople 2011年2月号 レビュー

    今回もR+(レビュープラス)さんからの献本枠でのレビューです。ama…

  2. 読書

    「船に乗れ! I 合奏と協奏」藤谷 治 

    2010年の本屋大賞 第7位 の作品。→これまでの本屋大賞 | 本屋…

  3. 米原真理 思い出帳

    日記

    米原万里さん「マルクス家の告白ゲーム」

    新刊が発売されたこともあり、敬愛する米原万里さんの話題。…

  4. 読書

    [R+] MacPeople 2010年5月号 レビュー

    今回も R+(レビュープラス)さんから献本いただいてのレビューです。…

  5. 読書

    【R+】MacPeople 2010年9月号 レビュー

    今回もR+(レビュープラス)さんからの献本枠でのレビューです。Mac…

  6. 本・雑誌

    【R+】レビュー:「企画はひと言。」石田章洋

    こんにちは。@pooh_1960です。R+(レビュープラス…

PAGE TOP