読書

豆単、でる単、山貞、そして赤本

豆単、でる単

大学受験の参考書も、その時代時代で人気、流行のものがありますね。
たとえば英語だと、
私の兄たちの頃は「英語基本単語集」、通称赤尾の豆単(リンクをクリックするとAmazonの一覧ページが開きます。)正式名称は今はじめてしりましたが…
私が現役の頃は、試験にでる英単語、通称「でる単」でした。(リンクをクリックするとAmazonの一覧ページが開きます。)
一昨年、復刻版がでて話題になった、「新々英文解釈研究」、通称「山貞」なんていうのもありました。これは、私の兄の超おすすめでした。

今も昔も変わらない赤本

しかし、これは不動の地位を占めています、大学・学部別の入試過去問題集、通称「赤本(あかぼん)」
恐らく大学受験経験者は必ず1冊は手に取っているのではないでしょうか。
センター試験も終わり、まず私立大学の入試。
これは、我が母校の赤本。昨日、Amazonでポチッとしたら、今日 届きました。

受験生のみなさん、もう一息。がんばって下さいね。
こんな復刻版を買ってもう一度勉強しなおしましょうか…

新々英文解釈研究(復刻版)
山崎 貞 佐山 栄太郎
研究社
売り上げランキング: 17833


ピックアップ記事

  1. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…
  2. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています

関連記事

  1. 本・雑誌

    レビュー:山際淳司「スローカーブを、もう一球」

    こんにちは。@pooh_1960です。今年、2012年夏。…

  2. 本・雑誌

    光村ライブラリー・中学校編 第5巻 朝のリレー・ほか

    こんにちは。@pooh_1960です。あまんきみこ…

  3. わが家の「大どろぼうホッツェンプロッツ」
PAGE TOP