読書

脳のごはん

 私にとって読書は、脳のごはん、栄養をつけてくれるもの。10代の好奇心をみたしてくれたのも本でした。
 本は、自分が体験できないことも、直接あえない人のことも、一対一で教えてくれる。

 (2010年2月7日(日)付 朝日新聞 大阪本社版 10版 15面より)

ギタリスト 村治佳織さんのことば。
ヤングアダルト向けの読書欄の「十代、こんな本に出会った」と題する記事
上記の言葉を実感するに至った本として、
中学3年生の時に出会った、『パパラギ はじめて文明をみた南海の酋長ツィアビの演説集』
高校生の頃、本屋さんで手にした『もの食う人びと』
の2冊をあげています。
この2冊が選ばれていることに、村治ファンとしては、嬉しい思いがしたので、ご紹介。

パパラギ はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集 (ソフトバンク文庫 シ 11-1)
エーリッヒ・ショイルマン
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 1636
もの食う人びと (角川文庫)
辺見 庸
角川書店
売り上げランキング: 708

ポートレイツ(限定盤)(DVD付)
村治佳織|amazon.co.jp

風に舞いあがるビニールシート/森絵都前のページ

バレンタインにはガザを知る!2/13,14岡真理さんのお話し次のページ

ピックアップ記事

  1. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  2. 神奈川フィルさんの「フォロワーさん減った」嘆きのツイートに対するオーケストラさん…
  3. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…
  4. 元「パティスリー・ラ・ナチュール」の建物解体終了!
  5. 「岩城宏之メモリアルコンサート2018」

関連記事

  1. 読書

    「船に乗れ! I 合奏と協奏」藤谷 治 

    2010年の本屋大賞 第7位 の作品。→これまでの本屋大賞 | 本屋…

  2. 読書

    空の名前|高橋健司

    我が家はマンションの5F、角部屋です。西向きの窓は遮るものがなく、空…

  3. 読書

    MacPeople 2010年10月号 レビュー

    今回は自腹でレビューです(^_^;)amazlet at 10.09…

  4. 読書

    [R+]クーリエ・ジャポン 2010年1月号

    R+(レビュープラス)さんのレビューコンテストに応募したものの締め切り…

最近の記事

  1. うちで踊ろう
  2. クラリネットでわかるソーシャル・ディスタンス
PAGE TOP