本・雑誌

ドキュメンタリーの力

「ヒバクシャ-世界の終わりに」の監督、鎌仲ひとみさんに、金聖雄(きむ・そんうん)さん、海南友子さんの3名によるドキュメンタリー論。
それぞれが自身の作品をもとにドキュメンタリーとは何か、なぜドキュメンタリーなのかを語っています。
と、ともに、メディア・リテラシーの実践的な、わかりやすい教科書ともなっています。
学生時代にアクセス権、知る権利、について学習、議論していた時の想いを、思い起こさせてくれた一冊でもあります。
鎌仲監督が紹介しているアメリカ「ペーパー・タイガー・テレビ」のキャッチフレーズ、
「Where your brains are?」-「あなたのおつむはどこにあるの?」
マスメディアから大量に流される情報を鵜呑みにせず、自分の頭で考えること。
その情報は、誰が発信したのか、別の視点はないか、よーく考えてみましょう、ってことです。
ついつい、何も考えず受動的に受け入れるばかりになってしまっている、その傾向が最近ますます強まっている感じがします。
それでなきゃ、僅か敗戦から60年で、こんな戦前のような状況に逆戻りしません。
自分自身実際に観たのは鎌仲監督の「ヒバクシャ」のみですが、金監督の「花はんめ」、海南監督の「にがい涙の大地から」も、この本を読んだだけでも、大いに心奮わせられます。ぜひ近いうちに観たいなぁ。
観てからでも、観る前でも、ぜひ読んでみてもらいたい一冊です。

ドキュメンタリーの力
ドキュメンタリーの力

posted with amazlet at 05.08.03
鎌仲 ひとみ 金 聖雄 海南 友子
子どもの未来社 (2005/03/22)
売り上げランキング: 57,973
おすすめ度の平均: 5

5 この本自体が良質なドキュメンタリー

関連リンク
映画「ヒバクシャ」
映画「花はんめ」
映画「苦い涙の大地から」
ビデオ・アクト

高校野球観戦前のページ

iTunes ミュージックストア Open!次のページ

ピックアップ記事

  1. 「岩城宏之メモリアルコンサート2018」
  2. 神奈川フィルさんの「フォロワーさん減った」嘆きのツイートに対するオーケストラさん…
  3. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…
  4. 元「パティスリー・ラ・ナチュール」の建物解体終了!
  5. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています

関連記事

  1. 本・雑誌

    世界から貧しさをなくす30の方法

    いま、生きているということ。なんて書くと大仰な気がしますが、私…

  2. 映画

    万城目学『偉大なる、しゅららぼん』映画化、グレート清子は…

    こんにちは。白虎隊 @pooh_1960です。『鴨川ホルモ…

  3. 本・雑誌

    【R+】レビュー:『免疫力をあなどるな!』矢﨑雄一郎

    こんにちは。@pooh_1960です。R+(レビュ…

最近の記事

  1. Twtterリスト「日本のオーケストラ」
  2. 御経塚泉の広場
  3. うちで踊ろう
PAGE TOP