わたしの心のなか

本・雑誌

『わたしの心のなか』シャロン・M・ドレイパー

こんにちは。
@pooh_1960です。

年末から年始にかけて、なんだかバタバタしていました。
ようやく落ち着いてきましたので、また再開。

『わたしの心のなか』シャロン・M・ドレイパー

言葉を発することができても、自分を伝えることは難しい。
しかし、言葉で解決することは数知れません。

意識があっても、ことばを発することができなければ…

言葉が発せられないから、なにも感じていない、と 思うのは大きな間違い。

もっと、耳をすます必要があると思います。

多くの人々に読んで欲しい一冊です。

脳性麻痺のため言葉を発することすらできない少女 メロディ の心のなかを描いた物語。
作者はアメリカ・オハイオ州在住のシャロン・M・奴隷パー。
他人からみれば、何も考えていないかに見えるメロディだが、両親や周りの理解者たちにより、自分を表現する手段としてVOCA(携帯用会話補助装置 小説内では「メディ・トーカー」という架空の機器名)を手に入れ他時の喜びにこちらも思わずわくわく!その後、健常者たちとも交流を広げていくも心の壁(クラスメートや教師)はなかなかぬぐいされない。
きれいごとでもなく、現実の物語。だが、メロディの生き方に励まされる。
障害を抱えた人々を取り巻く環境・人々の意識が貧困なことが、我が国のみではなく、わかる作品。
とりあえず分類上 絵本・児童書のカテゴリとして登録したが、多くの健常者だと思っている大人たちにこそ読まれるべき作品。

ピックアップ記事

  1. 神奈川フィルさんの「フォロワーさん減った」嘆きのツイートに対するオーケストラさん…
  2. 元「パティスリー・ラ・ナチュール」の建物解体終了!
  3. 御経塚遺跡出土土器の文様がオープンデータ化され利用できるようになっています
  4. 「がんばれ! Shion応援団」に入団しました。吹奏楽を愛するみなさん、ぜひご一…
  5. 「岩城宏之メモリアルコンサート2018」

関連記事

  1. 読書

    米澤穂信『氷菓』 -古典部シリーズ 第1作

    こんにちは。@pooh_1960です。久々に書いております…

  2. 読書

    ゲラ本とゲラ刷り

    ここのところ立て続けに出版前のゲラ本とまだ製本されていないゲラ刷り段階…

  3. 本・雑誌

    レビュー : 池澤夏樹「キップをなくして」

    こんにちは。恵比寿のビール工場のすぐ近くに住んでいたことのある@p…

  4. 御茶ノ水橋から聖橋を望む 2006年4月3日

    読書

    レビュー:池田雅史「ニコライ堂と日本の正教聖堂」

    こんにちは。4年間御茶ノ水に通っていた@pooh_1960です。…

  5. 本・雑誌

    【R+】レビュー:「企画はひと言。」石田章洋

    こんにちは。@pooh_1960です。R+(レビュープラス…

最近の記事

  1. Photo by Ian Tormo on Unsplash
  2. Photo by Wim van 't Einde on Unsplash
  3. 末松廃寺跡出土「女子像が線刻された土製品」
  4. Photo by David Rodrigo on Unsplash
PAGE TOP